2009年10月09日

台風と景気の波

台風が近づいたさい、

勢力や予想進路を見て

暴風や大雨の影響が大きいと思ったときは

屋根を補強する、ベランダのモノを片付ける

交通機関がマヒする前に早めに移動する、

といった対策を講じる方も多いと思います。


自然現象を防ぐことは困難だと分かっているので

「台風を何とかしてくれ!」などと嘆かずに

すんなりと現実を受け入れるのかもしれません。


会社も、安定経営を実現するためには

将来の採算を予測しながら

経費削減や資金対策を講じることが肝心です。


「不景気が悪い!」と文句を言ってても

結局、誰も助けてくれません。


長い経済活動のなかでは

景気の好不調の波なんて自然現象みたいなもの、

と割り切って、前向きに対策を考える姿勢が

経営者には不可欠なんだと思います。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:21経営者