2009年10月21日

結果と評価

同世代の友人から「独立を決意した」との連絡をもらいました。

早速、電話をして勇気を称えると

「会社の同僚とは考え方が違う」と感心されました。


その方の周囲には「景気が悪いのにわざわざ独立するのは無謀」

との意見が圧倒的に多いそうです。


確かに、不景気で独立するのはリスクが高いかもしれません。

でも景気が回復したって、いくらでもリスクはあります。

あれこれ心配していたら、いつまでたっても独立なんかできません。

それに、結果がなかなか出なくても前向きに取り組み続けていれば

毎日が充実するので、あまり失敗とは感じないものです。


独立したいけどなかなか踏み出せない方は

「失敗」という結果がこわい以上に

「失敗したという評価」を他人からされるのがこわい

というのが正直なところじゃないかと思います。


やっぱり独立できるかどうかを分けるのは

本気で独立したいという「自分」の気持ち

なのかもしれません。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:23経営者