2010年01月29日

改善の効果

12月から改善の取り組みをしているお客様の

直近の試算表が発表されました。


不景気の影響もあって

売上は前年割れが続いていますが

原価や経費をそれ以上に削減できたおかげで

12月は少額ながら単月黒字を達成しました。


過去5年の記録を調べたところ

12月に単月黒字を達成したことはなく

社長のご記憶では

10年ぶりくらいではないか、とのことでした。


改善の取り組みと単月黒字達成の

直接の因果関係は検証できていませんが

個人的には

みなさんの地道な取り組みが業績を回復させた

と考えています。


このことを、改善の会議で報告したところ

みなさん明るく誇らしげな表情にかわりました。

自分たちの取り組みが一定の結果を出すことがわかって

安心と自信を得たのかもしれません。


より高い目標に向かって

さらに取り組みが加速すると期待しています。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:25経営者

2010年01月28日

考え方と行動力

大学時代の友人と12年ぶりに再会しました。

心理学科を卒業した後に金融機関に就職したのですが

縁あって会社社長に就任する予定、とのことでした。


大学時代から危機意識も高く、活発な方でしたが

今も昔と全く変わっていない様子で

確かに会社経営にも向いているなあ、

と感心しながら話しを聞いていました。


やっぱり、人生を決める要素としては

「能力や経歴」よりも「考え方や行動力」の方が

比重が大きいような気がします。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:22経営者

2010年01月27日

タクシーと不景気

先日乗ったタクシーには

後部座席の眼前や窓によく掲示されている

広告のたぐいが一切ありませんでした。


運転手さんに聞いたところ

もう何ヶ月も前からこの状態とのこと。

不景気を改めて実感した気がします。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:48つれづれ

2010年01月26日

商売を広げる

おかげ様で新しいお客様や仕事が増えてきました。

加えて確定申告を控えた繁忙期に入ってきたため

そろそろ一人で仕事をするのが厳しくなってきました。


しかし人を採用するとなると

お願いする仕事はどこまでか、お支払いする給料はいくらか

など、改めて考えることがたくさんあって

すぐにはできません。


商売を広げると、本業以外に考えることがドンドン増えてきます。

その点、サラリーマン時代はラクだったなあ、とつくづく感じます。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:02経営者

2010年01月25日

はっきりと言う

深夜の駅前で酔っ払った若いサラリーマン2人が

騒ぎながら壁などを叩いたり蹴ったりしていました。


迷惑な人たちだなあ、と思いながら黙って見ていると

学生風の外国人の方が近寄ってきて

「ナンデ、ミンナノモノコワスカ!」

と片言の日本語で注意をはじめました。

その後、お巡りさんが駆けつけ

サラリーマン2人はきつく叱られていました。


秩序やルールを守るためには、

悪いことは悪いと、はっきり言わないと

いけないときがあります。


本人に誤りを自覚してもらうためにも

勇気をもって発言する姿勢が大事なんだと

改めて感じました。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:06つれづれ

2010年01月24日

原稿執筆/企業実務 2010年2月号

『企業実務 2010年2月号』の記事を執筆しました。

内容は「実地棚卸をスムーズに進める勘どころ」です。

↓ご興味がある方はご覧いただければ幸いです。
http://www.hirai-ao.com/access/kiji/kiji_20100121.pdf  

Posted by 平井会計事務所 at 23:50会計・税金

2010年01月22日

技術革新と世代交代

事務所入口の鍵の検査がありました。


カード式の鍵なので、メーカーの方も

昔のように専用器具を持ち込むわけでもなく

センサーとPCをつないで何やら操作をしていました。


検査には数名の方が来ていましたが

みなさん2,30代の若さに見えました。

技術が進んで便利になったかげでは

働いている方の世代交代も

進んでいるのかもしれません。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:51つれづれ

2010年01月21日

決算対策

昨日は「決算間近でも間に合う節税対策や銀行対策」

いうテーマでセミナーの講師をしてまいりました。

↓セミナーの風景はコチラ
http://www.hirai-ao.com/access/koushi/koushi_20100121.pdf


会計処理を工夫するだけで

節税になったり決算書の数字がよくなる方法を

いくつかご紹介してきましたが

やはり決算になってから慌てて行うような対策は

効果が限定的です。


決算を迎えたときは

過去の数字に翻弄されるよりも

未来の数字を真剣に考えることの方が

本当は大切なのかもしれません。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:26経営者

2010年01月20日

新鮮さ

都内のとある駅の売店で買い物をしたときのこと。

スイカで支払おうとしたら

現金しか受けつけてないと言われました。


スイカで支払いのできるお店が

駅以外にも広がっている昨今、

都内の駅にまだそんな売店があるのかと驚きました。


時流に乗り遅れたお店は

消費者側から見ると物足りなく感じてしまいます。

お客様をつなぎとめるには、環境の変化に合わせて

新しいものを取り入れないとダメなのかもしれません。  

Posted by 平井会計事務所 at 05:35つれづれ

2010年01月19日

ゼロ/無料

「~ゼロ」「無料」と書いてあるのに

「実はゼロじゃない」「一部有料だった」

いうことがよくあります。


例えば

「カロリーゼロ」は食品100mlあたり

0~5カロリーが含まれている可能性があるそうですし

「無料携帯ゲーム」では、ゲーム上の商品を購入するのに

実際のお金がかかることがあるそうです。


素人からみると

わざわざトラブルの種を抱えているような印象も受けますが

そんなリスクを犯してでも、やっぱり

インパクトのある広告は捨てがたいのかもしれません。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:23つれづれ

2010年01月18日

JAL再建

JAL再建の次期最高責任者に

京セラの稲盛名誉会長が就任する見通しです。


稲盛名誉会長は、

創業者として京セラ、KDDIの2つの大企業を育てましたが

その経営を支えたのが

1.市場に直結した部門別採算制度の確立

2.経営者意識を持つ人材の育成

3.全員参加経営の実現

の3つを目的とする、

「経営理念」と「部門別採算管理」をベースにした

「アメーバ経営」と呼ばれる経営手法です。


私は会計事務所に勤務していた頃から

経営者や従業員の方に経営数字を意識して頂くために

会議に参加して業績説明を行うなど試行錯誤していたので

「アメーバ経営」の存在を知ったときは

ようやく答えが見つかった、と嬉しく感じました。


実際にアメーバ経営を導入するには

経営者にも従業員にも相当の覚悟が必要、というのが

短いながらもアメーバ経営に携わった私の感想ですが

今でも目標とする経営手法であることにかわりありません。


きっとJAL再建も成功すると信じています。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:51つれづれ

2010年01月15日

時間の意識

年明けから毎日15分単位で作業記録をつけています。

当初の目的は

『得意先別の作業時間を集計すること』

だけだったのですが

時間を記録するために

まめに時計を見るクセがついたせいで

「思ったより時間がかかっている」とか

「キリがいいのであと○○分で終わらせよう」といった

意識が、作業のつど自然にはたらいて

『作業効率があがる』という効果が出ることに

最近、気がつきました。


作業効率をアップさせたいなら

作業時間を管理して

時間の意識を高めることから

はじめると良いかも知れません。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:11目標意識

2010年01月14日

商売のコツ

設立から順調だった会社の業績が

急に悪化することがよくあります。


業種や規模にかかわらず

だいたい共通しているきっかけは

「借入金」「人の採用」「場所の移転」

のいずれかのようです。


それぞれ

借入金…いきなりお金が増えて危機感が薄らぐ

人の採用…急に人が増えて経営者の目が行き届かなくなる

場所の移転…一気に固定費が増えて資金繰りが悪化する

というのが原因だと考えています。


会社を伸ばすためには積極的な姿勢が不可欠ですが

自社の力量に合わせて冷静に判断するのも大切だと思います。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:00経営者

2010年01月13日

試算表の使い方

期中の会社の業績を数字で表す『試算表』には

「過去の数字を検証して会社の課題を見つける」

という使い方のほかに

「未来の数字を加味して期末の着地を予測する」

という使い方もあります。


数字に強い経営者はどこに行くにも『試算表』を

持ち歩いて過去と未来を確認していらっしゃいます。


数字に強くなりたい経営者の方はぜひお試しください。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:33会計・税金

2010年01月12日

後輩に希望を与える

若いサラリーマンの方たちと

お話しをする機会がありました。


将来の目標をお聞きしたところ

明確には決まっていないものの

今の会社にずっと勤めることはない、

とおっしゃっていました。


一般の方も名前を知っているような

有名な会社にお勤めなのですが

「上司や先輩の姿に希望が持てない」

というのが理由でした。


昔を懐かしんで現状を嘆いてばかりの

上司や先輩の姿を見ていると

後輩は希望が持てずに不安になるようです。


昔に比べると苦労が多い世の中ですが

環境の変化を受け入れて

前向きに取り組む姿を後輩に見せることが

上司・先輩の役割なのかもしれません。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:23つれづれ

2010年01月10日

レビュー1月号

レビュー1月号を事務所HPにアップしました。今月のテーマは

『計画実現には現状分析から! 分解と集約で傾向を把握する』です。

お時間ある方、ご興味ある方はお気軽にご覧いただけたら幸いです。

レビュー1月号⇒http://www.hirai-ao.com/review/PDF/review_1001.pdf  

Posted by 平井会計事務所 at 14:05つれづれ

2010年01月08日

経営者と経営数字

経営者の資質と経営数字には

相関関係があるように感じています。


例えば

「行動力のある方の会社」は「売上が伸びる」

「状況把握が上手な方の会社」は「利益が残る」

「人望のある方の会社」は「労働分配率が低い」

といった具合です。


完全なオリジナルの発想で根拠もまったくないのですが

経営者の方にこの話をすると意外と共感してもらえます。


あながち的外れでもないのかもしれません。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:46経営者

2010年01月07日

姿勢が変われば

業績改善にテーマを絞った会議を

運営しているお客様がいらっしゃいます。


会議をはじめて1ヶ月程度で

100件近い改善案が出され

100万円/月のコスト削減を実現しました。

さらに高い目標を達成するため

引き続き改善に取り組まれています。


早い段階で効果が表れた理由の一つに

会社の前向きな姿勢があります。

リーダーの方は毎日全社にメールを送って

取り組みを盛り上げていらっしゃいます。

メンバーの方々もそれに応えて

おおむね1日に1件以上のペースで

改善案が集まっています。

週に2,3度、進捗状況を確認するつど

取り組みが全社に広がっているのを

私も実感しています。


姿勢が変われば行動が変わり

行動が変われば結果が変わります。

厳しい環境が続いても

前向きにな姿勢で取り組めば

必ず乗り切れるはずです!  

Posted by 平井会計事務所 at 07:39経営者

2010年01月06日

実績と目標

H21年実績とH22年目標を作成しました。
---------------------------------------
H21年は

売上が前年比13.6%増、目標比71.8%

客先件数が前年比3倍、目標比80%

となりました。景況を考えると

検討した方かもしれません。
-------------------------------------
H22年は飛躍の年として

売上が前年比40%増、

客先件数が前年比2倍、

と高い目標としました。


①客先件数

紹介先との提携、レビュー送信、ブログ作成、

HP更新、交流会参加、広告掲載、DM

など従来の方法に加え

今年は

飛び込み営業、セミナー、記事執筆

などにも力を入れたいと考えます。


②価格

社会情勢の影響から下落傾向にありますが


・会議運営など、付加価値が高い仕事の獲得

・社歴の長い顧客の開拓


の2つの柱で価格の上昇を目指します。
-----------------------------------------

こうやって年の初めに実績や計画を作成すると

課題が整理されて、活動方針が明確になります。

みなさんも是非、お試しください!  

Posted by 平井会計事務所 at 07:31目標意識

2010年01月05日

ミスのフォロー

手土産をデパートで買ったときのこと。

欲しい商品がカウンターになかったので

店員さんが別の場所から持ってきてくれました。


少し待たされたものの商品が見つかって

ほっとしていたのもつかの間、

年始の忙しいさなかで慌てたのか

包装して紙袋に入れる最中に

店員さんは誤って商品を床に落としてしまいました。


どうするのかな、と思って黙って見ていたら

その店員さんはダッシュして

すぐに新しい商品を持ってきてくれました。

当たり前かもしれませんが

丁寧な対応だなと少し感心しました。


ミスをする、しないよりも

ミスをしたときのフォローの態度の方が

お客様に与える印象は大きいと

改めて感じました。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:19つれづれ