2010年02月12日

分析と改善

物事がうまくいかないのには

必ず原因があります。


例えば仕事がとれないときは

①そもそも仕事がないからとれないのか

②仕事があるのを知らないからとれないのか

③他社にとられたからとれないのか

といった原因が挙げられます。


原因が違えば対策もかわってきます。

①であれば、
仕事がある商売に切り替える
自社のシェア率を高める

②であれば、
新規の得意先を開拓する
既存の得意先を接待する

③であれば、
他社との差別化をはかる
客先への宣伝を強化する

などが考えられます。


なかなか結果が出ないときは

うまくいかない原因を検証して

原因にあった対策を実行してみては

いかがでしょうか。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:05会計・税金