2010年04月07日

就職活動の塾があるそうです。

インパクトのあるPR文書の書き方や

熱意を伝える面接の受け方など

採用担当者に良い印象を与えるための具体的な方法を

実践をまじえて教えてくれるそうです。

最近の就職難もあって

塾はなかなか盛況とのことでした。


人からモノを教えてもらうなら

おカネを払うのが当たり前と考える人が

増えているのかもしれません。


試用期間中は

社員が会社におカネを払って仕事を教えてもらう

なんて時代も近いような気がします。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:18つれづれ