2011年09月20日

数字を理解する

地震の規模を示す「マグニチュード」は

1大きいとエネルギーは約32倍になるそうです。

星の明るさを表す「等級」は

1変わると明るさは約2.5倍変化するそうです。

どちらも単純に

「数値が2倍になれば程度も2倍」、

とはいきません。


同じように経営数字も

「売上が2倍なら利益も2倍」とは

ならないことがほとんどです。

数字の違いにどういった意味があるのか、

どうなったら数字が変化するのか、

といったことを把握することが

数字を理解する、ということだと思います。

  

Posted by 平井会計事務所 at 09:30つれづれ