2011年11月10日

考え方

どちらの制度が良いか、どんな環境が有利か、

といったことに頭を悩ますくらいなら、

どんな状況になっても、やっていけるように

工夫すること考える方が大切だ、という話をお聞きしました。


長く商売を続けるためには

欠かせない考え方だと思います。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:40つれづれ