2012年04月18日

敗因を考える

プロ野球のニュースや新聞を見ていると

監督やマスコミが試合に負けた敗因として

「投手が打たれたから」

「野手が打てないから」

「采配が悪かったから」

といったことを挙げるのをよく見聞きします。


確かにそれもひとつかもしれませんが、

そもそも「勝てるチームをつくれていないから」

ということもあるような気がします。


技術や体力を向上させるための練習や助言はもちろん

勝ちたいという個々の意欲や一致団結する雰囲気づくり

などの準備をどれだけできたのかが、

勝ち負けの大きな原因のように思います。


強いチームづくりと儲かる会社づくりは

すこし似てるかもしれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 00:29つれづれ