2012年04月27日

銀行と経営計画

融資を受けるために

銀行へ経営計画を説明するときは

複数のプランを提示するのがおススメです。


“どうせ希望的観測で売上の見込みをたてている”

と銀行は思いこんでいるので、たいてい

「売上が予算に足りないときはどうなりますか?」

といった意地悪な質問をされます。


そこでしどろもどろになったり、

「いくように頑張ります!」といった精神論の話をすると

銀行からの信用はあまり得られません。

場合によっては計画の練り直しを迫られることもあります。


そうこうしているうちに

融資の話しがうやむやになったり白紙になることもあり得るので

例えば、予算比95%でもきちんと返済できるプランを

事前につくって提示するのがおすすめです。  

Posted by 平井会計事務所 at 10:02つれづれ