2012年04月27日

銀行と経営計画

融資を受けるために

銀行へ経営計画を説明するときは

複数のプランを提示するのがおススメです。


“どうせ希望的観測で売上の見込みをたてている”

と銀行は思いこんでいるので、たいてい

「売上が予算に足りないときはどうなりますか?」

といった意地悪な質問をされます。


そこでしどろもどろになったり、

「いくように頑張ります!」といった精神論の話をすると

銀行からの信用はあまり得られません。

場合によっては計画の練り直しを迫られることもあります。


そうこうしているうちに

融資の話しがうやむやになったり白紙になることもあり得るので

例えば、予算比95%でもきちんと返済できるプランを

事前につくって提示するのがおすすめです。  

Posted by 平井会計事務所 at 10:02つれづれ

2012年04月26日

数字に敏感

会計事務所で働く人は

数字の変化に敏感でないといけない、

と感じています。


変化に気づくことができれば、

それをきっかけにして

社長や従業員の方との会話が盛り上がるのはもちろん、

変化の原因を追求することで、

大きな問題が見つかったり、取り組みの効果が分かったりと、

経営の勉強にもなります。


会計事務所の仕事は、奥が深いですね。  

Posted by 平井会計事務所 at 10:21つれづれ

2012年04月25日

消費税増税

消費税が増税になると、

消費者と同じくらい事業者も負担が重くなります。


例えば「税抜100円」の商品を販売した場合、

現在の税率であれば

事業者は5%を上乗せした「税込105円」で

消費者に販売します。

商品の仕入代金が「税込63円(消費税3円)」だとすると

預かった消費税5円と支払った消費税3円との差額「2円」を納税、

105円-63円-2円=の40円が手元に残る利益となります。

(黒字ならここからさらに法人税を納めます)



これがもし、税率10%になったらどうなるでしょうか。



本来は、

販売代金が「税込110円」、仕入代金が「税込66円」となり、

差額「4円」を納税、

110円-66円-4円=の40円で手元の利益はそのまま、

となるはずですが、実際はそうはなりません。

単純に増税分を価格に上乗せすると

モノが売れなくなるためです。


現実的には、例えば

販売代金が「税込107円」、仕入代金が「税込65円」などとなり、

預かった消費税 107円×10/110=9円 と、

支払った消費税 65円×10/110=5円 で

差額「4円」を納税するのはかわらないものの、

手元利益は 107円-65円-4円=38円 と少なくなってしまう、

といったことが発生します。


消費税が増税されると事業者の利益が圧迫される、

という問題をきちんと踏まえて、

税負担の軽減や金融支援といった対策を

しっかりと整備してほしいですね。  

Posted by 平井会計事務所 at 08:56会計・税金

2012年04月24日

効率と安定

売上を獲得するさいは

「効率的な仕事(当たればデカい)」と

「安定的な仕事(地味だけど確実)」の

バランスをどうするのか、を考えることが大切です。


例えば税理士の仕事は、

手間の割に大きな金額になりやすいが、

一人につき一生で一回しか発生しないので

めったに依頼が入らない「相続の相談」と

手間の割に小さい金額ではあるものの、

件数も多く毎月の請求になるので

安定した収入になる「会社や個人事業の顧問」の

2つにわけることができます。

「効率的な仕事」が毎月、はいってくるのが理想ですが、

そうした案件は年に数件しかないので

一般的には「安定的な仕事」を中心にしている税理士が多いようです。


こうしたバランスに悩むのは税理士だけではありません。

事業の種類や規模にかかわらず、

多くの経営者が似たような問題に直面しています。


もしかしたら遠い祖先も

「狩猟」と「農耕」のバランスで

同じように悩んでいたのかもしれませんね。

  

Posted by 平井会計事務所 at 10:01つれづれ

2012年04月23日

正確性と妥当性

会計事務所の仕事は「金額を確認する」ことが

しばしばありますが

ひとことで「確認する」といっても

いろいろな意味があります。


例えば

請求書の金額と帳簿の金額を「確認する」といった場合、

「請求書と帳簿の金額が一致しているか」といった

『正確性の確認』と、

「請求書の内容や金額、モノやおカネの流れが合理的か」といった

『妥当性の確認』の

ふたつの意味があります。


スタッフに仕事を依頼するときは、

意味の違いをきちんと説明することが大切ですね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 07:50つれづれ

2012年04月21日

レビュー4月号

レビュー4月号を事務所HPにアップしました。今月のテーマは

『直感頼みは命取り?採算管理で業績アップ! 』です。

お時間ある方、ご興味ある方はお気軽にご覧いただけたら幸いです。


レビュー4月号 ⇒  http://www.hirai-ao.com/review/PDF/review_1204.pdf

過去のレビュー⇒  http://www.hirai-ao.com/review.html

執筆記事など ⇒  http://www.hirai-ao.com/access.html  

Posted by 平井会計事務所 at 23:45数値力

2012年04月20日

熱気

これまで、いろんな会社のいろんな会議に

出席させていただきましたが、

いいなあ、と思うのは熱気のある会議です。


出席者が多いのはもちろん、ヘンな遠慮がなく

活発に意見を交わしている光景を見ていると

会社の生命力のようなものを感じてきます。


そんな場面に出会うたびに、

今の仕事をしていた良かったなあと思います。  

Posted by 平井会計事務所 at 08:40つれづれ

2012年04月19日

仕事の紹介

仕事を紹介したり、されたりといった機会が

少しずつ増えています。

インターネットや封筒を使った宣伝で

認知度を高めることも大切ですが、

確実に仕事に結びつくのは

やはり『紹介』です。



そのためには

誠実にコツコツ仕事を続けて

少しずつ信頼を得ていくことが

大切なんだと思います。  

Posted by 平井会計事務所 at 10:21つれづれ

2012年04月18日

敗因を考える

プロ野球のニュースや新聞を見ていると

監督やマスコミが試合に負けた敗因として

「投手が打たれたから」

「野手が打てないから」

「采配が悪かったから」

といったことを挙げるのをよく見聞きします。


確かにそれもひとつかもしれませんが、

そもそも「勝てるチームをつくれていないから」

ということもあるような気がします。


技術や体力を向上させるための練習や助言はもちろん

勝ちたいという個々の意欲や一致団結する雰囲気づくり

などの準備をどれだけできたのかが、

勝ち負けの大きな原因のように思います。


強いチームづくりと儲かる会社づくりは

すこし似てるかもしれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 00:29つれづれ

2012年04月17日

3月決算

3月決算業務が少しずつ始まってきました。

件数が多いですが、効率的に作業を進めて

早めに終わらせたいですね。  

Posted by 平井会計事務所 at 02:00つれづれ

2012年04月16日

仕事の流れ

先月依頼を受けた税制改正の原稿を書き上げた

翌日の午前中に、別の出版社から違う原稿の依頼が入りました。


ある会社の予算案のたたき台をつくったその日に

別の会社のコンサル依頼のお話しがまとまりました。


誰かが状況を見ながら仕切ってるんじゃないか

と思うくらい、

仕事の流れというのは、スムーズにできてますね。  

Posted by 平井会計事務所 at 08:27つれづれ

2012年04月13日

ゴミ箱











区分が4つで穴が2つ…。

一瞬、迷いますね。

副都心線の北参道駅にて。
  

Posted by 平井会計事務所 at 08:57つれづれ

2012年04月12日

ECサイトの業績を伸ばすカメラマン

クライアントのECサイトの業績を

『売上250%、返品率3割カット』

と、劇的に伸ばしたカメラマンの方がいらっしゃいます。


ECサイトでは「ただモノが写っているだけの写真」が多いなか、

素材や質感を表現するのはもちろん、

クライアントとのコミュニケーションにも時間をかけて

「商品の良さやクライアントの思いを伝える写真」を

撮ることを大切にされているようです。


“ECサイトにおける「写真」は

店舗における「販売スタッフ」と同じようなもの。

「写真の接客力」

ECサイトの業績を左右するのは当たり前!”

ともおっしゃっていました。


話を聞いているうちに、

写真にも心があるように思えてくるから

不思議ですね。  

Posted by 平井会計事務所 at 08:23つれづれ

2012年04月11日

めんどくさい

新しい取り組みをするさいは

現状を守ろうとする勢力に

必ずと言っていいほど抵抗されます。


現状が良くないという認識はあるけど

昔から慣れたルールだから変えるのも困る、

といった具合で、なかなか取り組みは進みません。

では他の案があるのかというと、

とくにない場合がほとんどです。


おカネがかけられない場合を除くと

結局「めんどくさい」という気持ちが

改善をジャマする大きな問題のひとつ

なのかもしれません。
  

Posted by 平井会計事務所 at 08:15つれづれ

2012年04月10日

ラッキーでした

誰もが一度はCMを見たことがある

とある食品メーカーの元経営者の方の

お話しをお聞きする機会がありました。


その方いわく

「儲けるためには主力商品を販売すべし」

とのことでした。


ちなみに「2,3品目で売上の50%」を占めるのが

理想だそうです。



他にもためになる話をたくさんお聞きできました。

貴重な体験ができてラッキーでしたね。  

Posted by 平井会計事務所 at 00:38つれづれ

2012年04月09日

お花見

サクラが見ごろの季節になりました。

肌寒いなか昼夜を問わず

お花見で盛り上がっている姿を見かけると

何だかこちらも楽しくなってきますね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 03:48つれづれ

2012年04月06日

景気とヤル気

予算を確保して内需を拡大し景気を回復させる、

という考え方は、

銀行からおカネを借りて給与をアップし社員のヤル気をあげる、

という考え方に似ているような気がします。


どちらも

成功すれば母体の収益性も好転しそうですが、

結果が出なければ

母体の財政状態は悪化してしまいそうですね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 06:28つれづれ

2012年04月05日

ご縁

会社顧問の新しいご契約をいただきました。

税務だけでなく業績改善のしくみづくりを含めた

サービスがご希望とのことでした。


責任も重く、負荷もかかる業務ではありますが

せっかく頂いたご縁なので

精一杯取り組んでまいります。

  

Posted by 平井会計事務所 at 06:10つれづれ

2012年04月03日

いま大切なこと

スグよこで火事が起きているのに

火災警報器の設置や断熱材が入った壁の導入を

考えてもあまり意味がありません。

なによりもまず考えるべきなのは、

どうやって火を消すか、ということです。



同じように、

業績不振が続いて、当面の資金繰りが厳しい、

という状況のときは

将来の事業展開や商品開発などを考えるのではなく

コスト削減や在庫圧縮といった

収益や資金繰りの面で

早期に効果があらわれる改善に取り組むことが

大切なんだと思います。  

Posted by 平井会計事務所 at 04:59つれづれ

2012年04月02日

電力料金割引メニューの説明会【東京商工会議所港支部】

東京電力担当者による電力料金割引メニュー等の説明会が

以下の要領で実施されるようです。


日時/平成24年4月25日(水) 15:00-16:30
会場/学士会館210号室(千代田区神田錦町3-28)
定員/200名
会費/無料
内容/1.現在の東京電力の取り組み等について
   2.今夏に向けての電力料金割引メニューのご紹介について
   3.その他
連絡/東京商工会議所 港支部 03-3435-4781


ご興味のある方は、東京商工会議所に問い合わせてみてください。
  

Posted by 平井会計事務所 at 07:22つれづれ