2013年07月03日

価格と商売

売上や利益率を伸ばす方法のひとつに

「価格の引き上げ」があります。

とはいっても単純な値上げだと

それまでのお客様が離れてしまうので、

価格に合わせて付加価値の高い商品を

販売するケースが多いようです。


ところがこれで即、業績回復とは

なかなかいきません。

価格帯をあげると客層がかわるせいか

販売数が減ってしまい、売上の伸びに

つながらないことがよくあります。

しかも品目が増えたせいで

ロスや在庫が増えてしまい、

かえって業績や資金繰りが

悪化することもあります。



価格をかえるということは

売る相手や売る場所や売る方法といった

商売のしかたをかえるくらいの覚悟がないと

うまくいかないのかもしれません。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:26つれづれ