2013年09月25日

10点満点

面白い社員教育法をお聞きしました。

あらゆる場面で「10点満点中何点と思う?」と社員にたずねる、

というものです。


例えば食事に行ったさいに、

お店の雰囲気、料理の味、店員さんの対応などを、

その場で本人の感覚で10点満点で採点してもらいます。

明確な採点基準はないので、最初は

新入社員とベテラン社員の採点はギャップが大きいそうですが、

繰り返すうちに似たような点数になるそうです。


採点基準が似通ってきたら今度は仕事で応用します。

自分の挨拶、プレゼン、商談結果などを、

その場で自己採点してもらい、

8点未満であれば反省や再チャレンジを促す、のだそうです。


このような取り組みで、

点数で評価するクセがつく、

自分を俯瞰してみられるようになる、

全社で同じ価値観を共有できる、

といった効果があるようです。


指導する側にもセンスや信念や愛情が求められると思いますが、

興味がある方はぜひ実践してみてください。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:24つれづれ