2013年10月03日

経営者・労務担当者は必見!

特定社会保険労務士の佐藤広一先生が新DVDを発刊されました。

https://www.officesato.co.jp/contents/index.php

雇用主目線で労務トラブル回避のポイントを分かりやすく解説されています。

会社の規模にかかわらず、経営者・労務担当者の方は必見ですね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 07:26つれづれ

2013年10月02日

消費税の増税が確定しました

来年4月1日から予定通り消費税率8%に

引き上げられることが決まりました。

消費税は広く多くの取引に影響がある税目なので

税率引き上げによって現場の混乱が予想されます。

会社の経理担当者は、

経過措置、価格表示、価格転嫁などのルールを

社内に周知徹底することが大切ですね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 06:41会計・税金

2013年10月01日

収入印紙

契約書を作成したさいは「収入印紙」を貼って

印紙税を納めるのが一般的です。

納税額は取引金額等によって異なりますが、

契約内容を変更する場合は、

どのような取扱いになるのでしょうか。


例えば、請負契約書の契約金額を変更した場合、

変更した契約書(覚書)の記載のしかたによって

以下のように納税額がかわってきます。
------------------------------------------------------------
「△月△日に締結した契約金額の2億円を2.2億円に増額」と記載
→増額分の金額(0.2億円)のみが納税の対象

「△月△日に締結した契約金額を0.2億円増額」と記載
→増額分の金額(0.2億円)が納税の対象

「当初契約の契約金額の2億円を2.2億円に増額」と記載
→増額後の金額(2.2億円)が納税の対象

「当初契約の契約金額を0.2億円増額」と記載
→増額分の金額(0.2億円)が納税の対象
------------------------------------------------------------

詳細は国税庁のHPで紹介されています
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/12/07.htm


減額変更の場合はさらに納税額が大きく異なる場合があります。

ムダな税金を納めないように注意が必要ですね。

  

Posted by 平井会計事務所 at 07:14会計・税金