2014年01月20日

わかりやすい

確定申告の相談員向けの

説明会に参加してきました。

色々な注意事項がありましたが、

なかでも「わかりやすい言葉で説明してほしい」

というのが印象に残りました。

「専門用語を多用されて理解できない」、

といったクレームが

毎年たくさん寄せられるようです。


例えば、

「配偶者」→「ご主人」や「奥様」、

「生計一の親族」→「同居の家族」と「別居でも仕送りをしている家族」、

といった言い方をしてほしい、とのことでした。


同じ日本語であっても、通訳のように

相手の知っている言葉に

どれだけ上手に置き換えられるかが、

わかりやすく話すコツなのかもしれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:33つれづれ