2014年09月26日

誰がなぜ買うのか

商売は

売りたいモノを売るよりも

買ってくれるモノを売る方が

うまくいくような気がします。


「何をどうやって売るのか」を考える前に

「誰がなぜ買うのか」を先に考える方が

大切かもしれません。
  

Posted by 平井会計事務所 at 07:05つれづれ