2015年03月09日

55%と8%

税率が高い税金と言えば

最高税率55%(昨年までは50%)の

相続税が思い浮かびます。

「国が財産を半分以上も持っていく」と

資産家は憤慨しますが、実は

過去の税収は約年1.4兆円で

国の歳入比は1.5%程度にすぎません。


一方、私たちに身近な消費税は

税率でみると8%で相続税の1/7にすぎませんが

税収は年16兆円になる見込みで

国の歳入比も15%以上になると予測されます。


国の本音は「ドル箱はやっぱり消費税」といえそうです。

そう考えると、税金のビジネスも

相続税(資産)より消費税(事業)の方が

意外とチャンスが多いのかもしれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 03:34会計・税金