2015年05月01日

未来を一緒につくる

決算シーズン真っ盛りです。

決算が終わった後には

当年度の数字の説明だけでなく、

次年度をどのような1年にしたいのか

社長にお聞きするようにしています。


社長の考えをお聞きすることで

銀行借入の必要性の有無を確認しておきたい、

というのが第一の目的ですが、それ以外にも

社長の口から未来を話して頂くことで

取り組みのイメージを膨らませる、

アイディアを整理する、

宣言することで意識を高める、

といった効果もあるように思います。


先日もある飲食店のオーナーに

次年度のお話しをお聞きしたところ

新メニューのプラン、

ネット宣伝の取り組み、

コスト削減の具体策、

店舗の移転計画などを

熱く語ってくださいました。

たっぷり話してスッキリしたのか最後には

「次年度はよい1年になる」と

明るい笑顔になっていました。



税理士の仕事は

過去を書類にまとめるだけでなく

未来を一緒につくっていくという一面も

あるのかもしれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:14つれづれ