2016年04月25日

セカンドオピニオン

新規でセカンドオピニオンの

ご依頼をいただきました。


顧問税理士先生が

頼りなくて困っているそうで

資金繰りや不動産売買の

相談をできる税理士を探していた

とのこと。


ご提案の結果、

従来の税務会計の先生はかえずに

セカンドオピニオンでのサポート

というかたちになりました。


"作業をする税理士"と

"相談をする税理士"の使い分けは、

今後も広がっていくような気がしますね。

  

Posted by 平井会計事務所 at 06:17つれづれ