2016年09月02日

火の車

返済過多の会社に

ちょっとのおカネを投入しても

鉄板にアイスをのっけるようなもので

すぐに溶けてなくなってしまいます。


親から不動産を提供してもらう、

気前の良い院長に寄付してもらうなど、

ドでかい氷の塊みたいな解決策を考えないと

火の車は冷めないかもしれませんね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 05:10つれづれ