2017年07月12日

あえて税金を納める

税理士といえば「税負担の軽減」のイメージが強いですが

常に節税が最優先というわけでもありません。


将来の投資のためにお金を貯めたい、

借入をするため与信をあげたい、

というお客様にはあえて税金を納めることを

すすめる場合もあります。


どんな仕事も顧客ニーズの

見極めが肝心ですね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 05:26つれづれ