2018年01月18日

住宅ローン控除と単身赴任

住宅ローン控除を受けるためには

家屋の所有者が年末時点で

その住宅に住んでいることが

要件の1つになっています。

そのため年の途中で引っ越すと

その年は住宅ローン控除が受けられません。


ただ所有者本人が住んでいない場合でも

その家族が住んでいるとき(単身赴任等)は

例外的に住宅ローン控除を受けられる

ケースがあります。

↓参照
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1234.htm



なお、海外単身赴任の方は

平成28年4月1日以降に

住宅を購入した場合のみ

この特例が受けられます。

購入時期で取り扱いが異なるので

ご注意ください。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:24会計・税金

2018年01月17日

自覚

毎月、定期的に経営数字を見るだけで

経営者の意識も変わってくるようです。


弊事務所のお客様にも定期訪問を続けた結果、

「無駄遣いをやめられた。創業初の黒字になった」

「安易な借入をガマンできた。おかげで借金が減った」

と喜んでいる方がいらっしゃいます。


問題解決の第一歩は

「まず自覚から」かもしれませんね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 05:24つれづれ

2018年01月16日

医療費控除

今年(平成29年分)の確定申告では

医療費控除が大きく変わります。


1つは領収書の提出不要、

もう1つがセルフメディケーション税制の導入です。


↓参照
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/info-iryouhikoujo.htm



「領収書の提出不要」を受けるためには、

領収書の提出のかわりに

「医療費控除の明細書」を作成して提出する

必要があります。


↓参照
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki02/pdf/ref1.pdf#search=%27%E5%8C%BB%E7%99%82%E8%B2%BB%E6%8E%A7%E9%99%A4%E3%81%AE%E6%98%8E%E7%B4%B0%E6%9B%B8%27


なお、健康保険組合等から送られる「医療費のお知らせ」を

添付すれば、その部分は明細書の記入を省略できます。

また、平成31年分までは従来の方法でも手続きできます。



セルフメディケーション税制とは、

健康診断等の疾病予防に取り組んでいる方であれば、

スイッチOTC医薬品の購入額のうち一部が所得控除となる、

という制度です。

従来の医療費控除とは併用できないので

どちらかを選択することになります。


↓参照
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000124853.html



税務署の電話相談も

医療費控除の問い合わせが

半分くらいを占めています。

意外と影響を受ける人が多い

改正かもしれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 04:59会計・税金

2018年01月15日

与信調査

お金を払ったのに

サービスが受けられない。

そんなトラブルに

一般の方が巻き込まれるニュースを

最近よく聞きます。


これからは

与信調査会社を利用する個人も

増えてくるかもしれませんね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 06:03つれづれ

2018年01月12日

自転車

「自転車に乗れる人」はたくさんいますが、

「自転車を作れる人」はあまりいません。


従業員(仕事をこなす人)と、

経営者(仕事をうみだす人)の違いも

似たようなものかもしれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 04:59つれづれ

2018年01月11日

「予算遵守」と「利潤追求」

「大企業は意思決定が遅い」

システムサービスを販売する会社の

経営者が嘆いていました。


組織が大きくなると

「予算遵守」が仕事になって

「利潤追求」の意識が薄らぐのかも

しれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:32つれづれ

2018年01月10日

入稿

新規の出版社様からご依頼を頂いた

記事原稿を無事に入稿しました。

これでようやく年が明けた気分ですね。
  

Posted by 平井会計事務所 at 05:59つれづれ

2018年01月09日

節税と高級車

節税で高級車を買うなら

「中古がおすすめ」という話を

よくききます。


実際、同じ1,000万円の車両でも

新車と中古(3年落ち)では初年度の

償却費(経費にできる金額)は

以下のように異なります。

-----------------------------
新車…333万円

中古…667万円
-----------------------------

確かに初年度の償却費は

倍以上の開きがあります。

しかし2年目以降は

おおむね次のようになります。

-----------------------------
新車…333万円(初年度)
   222万円(2年目)
   148万円(3年目)
    99万円(4年目)
    99万円(5年目)
    99万円(6年目)

中古…667万円(初年度)
   222万円(2年目)
   111万円(3年目)
-----------------------------

最終的に経費となる額は同じ(1,000万円)

なのでトータルで考えれば

有利不利はとくにありません。


中古車購入による節税効果は

一時的なものなので、

その後の年度も黒字だと

また税金に悩むことになります。

(こうした節税は課税の繰り延べといいます)


高級車を購入するなら、

節税よりもむしろ、買い替え時の

「値下がり率が小さい」ことを重視した方が

よいかもしれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:17会計・税金

2018年01月05日

年明け

年明けから

資料の到着や電話メールの連絡が

相次いでいます。


今年も充実した一年になりそうですね。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:21つれづれ

2018年01月04日

あけましておめでとうございます。

あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

今年のテーマは“やろう”です。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:23つれづれ