2018年06月14日

時間単位で考える

「1個で100万円稼ぐ商品」だとしても

「1年で1個しかつくれない」と

「年商100万円」にしかなりません。


「1個で100円しか稼がない商品」でも

「1秒で1個つくれる」なら

「年商30億円以上」になります。


限られた時間の中で

成果を伸ばしたかったら

「個数単位いくら」だけでなく

「時間単位いくら」ということも

考えないといけませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 05:48数値力