2018年07月31日

情報

必要な情報は

目的によって異なります。


例えば、商品管理の場合。

注文を受注するかどうかを判断するだけなら

「いまどんな商品がいくつあるか」さえ

分かれば問題ありません。


一方で、運転資金として

いつまでにいくら借りるかを判断するためには

「どの商品がいくらで、どれくらいの期間で何回転しているか」

ということまで分からないと

情報としては役に立ちません。


情報を集める前に

情報を活用する場面を

考えることが大切ですね。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:24数値力