2019年05月08日

無名公知

「グローフェのマルディグラ」

と言えば知る人ぞ知る名曲ですが、

題名を言われてピンと来る人は

ほとんどいません。


同じように「人造バラン」とか

「バッグ・クロージャ―」と聞いても

分かる人は少ないですが、

実はスーパーやコンビニの

食品売り場でよく見かける

アレの名前だったりします。


そんな「名前を聞いても分からない」

でも「誰もがみんな知っている」といった

無名公知の存在になることが

中小企業生き残りのカギ、かもしれませんね。  

Posted by 平井会計事務所 at 06:58つれづれ