2019年06月20日

4,200億円と1.4兆円

ソフトバンクグループが

4,200億円の申告漏れを指摘された

との報道がありました。

株式売却損1.4兆円のうち

30%相当額が損金として

認められなかったようです。


ただし

「それでも損失が残るので

 追徴税はなし」

「あくまで期ズレなので

 翌期の損金に算入される」

とのことで、

悪質な租税回避(いわゆる脱税)

ではないようです。


ちなみにJRAの昨年の売上は

2.8兆円なので、たった1社で

全馬券の半分を買い占められる位の

損失を出したことになります。


さすがカリスマ経営者は

負けっぷりも豪快ですね。  

Posted by 平井会計事務所 at 07:01会計・税金