2012年11月30日

馬券と税金

馬券を当てた時の払戻金は

「一時所得」といった税金の対象になります。

このさい経費として差し引けるのは

「当った馬券の購入額」だけとされています。


例えば、

1レース…100万円賭けてハズレ
2レース…100万円賭けてハズレ
3レース…100万円賭けて250万円アタリ

といった場合、

トータルでは50万円のマイナスですが、

税金は、3レースのアタリ250万円から

3レースの購入額100万円を引いた

150万円を「もうけ」と考えて計算します。

(実際の税額計算はもう少し複雑になります)。



ギャンブル好きな人には納得できないこのルールについて

「ハズレ馬券も含めて計算すべき」と争っている方がいらっしゃるようです。

http://mainichi.jp/select/news/20121130ddm041040194000c.html


もし納税者の訴えが認められれば画期的な判決となります。

裁判所がどのような判断をするのか楽しみですね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
適応型経営
適応型経営(2019-06-17 05:52)

売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

納期の特例
納期の特例(2019-06-07 05:12)

Posted by 平井会計事務所 at 08:30 │つれづれ