2013年06月12日

判断

会社の規模にかかわらず

経営者は常に判断を求められます。


なにを売るのか?

いくらで売るのか?

誰を採用するのか?

どうやってモノをつくるのか?

どこを拠点にするのか?

おカネを借りるべきか?

依頼を受けるべきか?


場合によっては

会社の命運を左右するような

最終判断を求められるので

ブレないように判断基準を

しっかりと持っておくことが大切です。


そのためには、著名な経営者の方の

書いた書籍を読んだり、話を聴くなどして

どんな判断基準を持っているのか

研究してみても良いかもしれませんね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

納期の特例
納期の特例(2019-06-07 05:12)

Posted by 平井会計事務所 at 08:39 │つれづれ