2013年07月12日

一般消費者との取引の開拓

法人相手の取引がメインで

卸売や製造、サービスなどを行う事業は、

相手先の予算が少なくなって取引量が減った、

他者との競争が激化して単価が下がった、といった理由で

売上や採算が悪化するケースが増えているようです。


新規の法人顧客を開拓できれば一番よいですが、

それも難しいときは、

一般消費者の顧客を開拓するのもひとつです。


会社からの注文がメインだった小物製造のお客様は

最近、ネット販売の売上が伸びていますし、

自社の強みを活かした個人向けサービスの提案を

企画しているお客様もいらっしゃいます。


今後は、

個人のこだわりや向上心をくすぐる提案力と

手間をかけずに業務が流れるしくみづくり、

が大切になるかもしれません。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
経済
経済(2019-06-25 05:07)

チケット
チケット(2019-06-21 05:46)

サキヨミ力
サキヨミ力(2019-06-18 05:59)

適応型経営
適応型経営(2019-06-17 05:52)

売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

Posted by 平井会計事務所 at 06:18 │つれづれ