2013年07月25日

着地見通し

9月決算のお客様と

今期業績の着地見通しの

お打合せをしました。


現状のままであれば、100~200万円程度の

利益となる見通しでしたが、

7月以降に大口の受注が入る予定とのことで

試算すると最大で約1,000万円の利益となることが

分かりました。

ただ、決算まで2ヶ月以上と時間に猶予があるので

無理のない範囲で必要な投資を行い、

なるべく税負担を軽減しよう、という結論になりました。


打合せをしないで決算を迎えていたら

多額の納税が発生するところでした。

業績の着地見通しを早めに試算することは大切ですね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
サキヨミ力
サキヨミ力(2019-06-18 05:59)

適応型経営
適応型経営(2019-06-17 05:52)

売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

Posted by 平井会計事務所 at 08:15 │つれづれ