2013年09月02日

コンサルティングとカウンセリング

事業再生の研修のケーススタディには

「人の話を聞かない」、

「数字が苦手」、

「指摘されると逆上する」

といった経営者がよく出てきます。


単に会社の課題を指摘するのではなく、

経営者の性格を踏まえた接し方を考えてほしい、

というのが主旨のようです。


研修でここまでやるということは、

世の中にはこのような性格の経営者が多く、

その性格が業績悪化の原因のひとつになっている、

というケースが多いということなんだと思います。


サポートする側も

コンサルタントというより

半分カウンセラーというつもりで

取り組むべきなのかもしれません。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

納期の特例
納期の特例(2019-06-07 05:12)

Posted by 平井会計事務所 at 09:53 │つれづれ