2013年10月01日

収入印紙

契約書を作成したさいは「収入印紙」を貼って

印紙税を納めるのが一般的です。

納税額は取引金額等によって異なりますが、

契約内容を変更する場合は、

どのような取扱いになるのでしょうか。


例えば、請負契約書の契約金額を変更した場合、

変更した契約書(覚書)の記載のしかたによって

以下のように納税額がかわってきます。
------------------------------------------------------------
「△月△日に締結した契約金額の2億円を2.2億円に増額」と記載
→増額分の金額(0.2億円)のみが納税の対象

「△月△日に締結した契約金額を0.2億円増額」と記載
→増額分の金額(0.2億円)が納税の対象

「当初契約の契約金額の2億円を2.2億円に増額」と記載
→増額後の金額(2.2億円)が納税の対象

「当初契約の契約金額を0.2億円増額」と記載
→増額分の金額(0.2億円)が納税の対象
------------------------------------------------------------

詳細は国税庁のHPで紹介されています
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/inshi/12/07.htm


減額変更の場合はさらに納税額が大きく異なる場合があります。

ムダな税金を納めないように注意が必要ですね。


同じカテゴリー(会計・税金)の記事
配当金と源泉所得税
配当金と源泉所得税(2019-07-12 06:49)

譲渡所得と含み損
譲渡所得と含み損(2019-07-09 06:03)

質問応答記録書
質問応答記録書(2019-07-04 05:55)

売上除外
売上除外(2019-06-26 06:05)

Posted by 平井会計事務所 at 07:14 │会計・税金