2013年12月20日

役割

起業したばかりの経営者に

よく質問されるのが

「何が経費に落ちるのか」

というものです。


税金を納めたくないので

たくさん経費をつけたい、

という考えなのだと思いますが、

実際はほとんどのケースが赤字なので

経費をたくさんつけても

あまり意味はありません。


それよりも、

売上や利益を伸ばすためにはどうすればよいか、

将来の資金繰りはどうなるのか、

といったことを先に考えるべきだと思います。


知りたいことを教えるだけでなく、

何を考えるべきかを伝えることも

税理士の大切な役割かもしれませんね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
リスク
リスク(2019-09-20 07:00)

売上
売上(2019-09-19 05:39)

ドローン禁止
ドローン禁止(2019-09-18 06:02)

解決
解決(2019-09-12 05:53)

台風15号
台風15号(2019-09-09 06:14)

Posted by 平井会計事務所 at 07:56 │つれづれ