2014年05月01日

輸出免税

国内で購入した商品を海外で販売する場合、

仕入には国内の消費税がかかるので、

購入代金とあわせて消費税を支払いますが、

売上には国内の消費税はかからないので、

販売代金と別に消費税を預かることはありません。


消費税というのは

「支払った消費税」を「預かった消費税」から引いた

差額を納税する制度ですが、

輸出業の場合は

支払った消費税だけが発生するので

差額はマイナスとなってしまいます。

この場合、消費税のマイナス分は

国から返してもらえることになります。


国から税金が戻ってくるなんて不思議な感じがしますが、

適正な手続きなので問題ありません。

中小企業でも該当しますので輸出業の方は

ぜひ活用してください。

同じカテゴリー(会計・税金)の記事
4,200億円と1.4兆円
4,200億円と1.4兆円(2019-06-20 07:01)

消費税増税
消費税増税(2019-06-12 05:21)

住宅関連3税制
住宅関連3税制(2019-06-03 07:07)

Posted by 平井会計事務所 at 06:41 │会計・税金