2014年11月17日

"回復"と"乾いてきた"

競馬場の馬場状態には、

水分を含んだ量に応じて

良、やや重、重、不良

の4段階があります。

水分が一番少ないのが良、

水分が一番多いのが不良、

となります。


天気や気温に応じて馬場状態が

変化することはよくあって、例えば

雨が激しくなって、重→不良に変わったら「悪化」、

気温が上がって、やや重→良に変わったら「回復」、

というのが一般的です。


自分もそれが当たり前だと思っていましたが、

先日、ある実況アナウンサーの方に

「含水率が少なくなった変化を伝えるなら

"回復"という表現は本来はふさわしくない。

"乾いてきた"という表現の方がふさわしくないか」

との指摘をされました。


改めて考えると確かにおっしゃるとおりで

納得を通り越して思わず感心してしまいました。

さすが実況(=状況を正しく伝える)のプロは、

目の付けどころがするどいですね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
流通
流通(2019-10-17 05:18)

盛者必衰
盛者必衰(2019-10-11 06:53)

基本四色
基本四色(2019-10-08 06:45)

ゴール
ゴール(2019-10-04 04:21)

アクシデント
アクシデント(2019-10-03 05:25)

私利自益と公利共益
私利自益と公利共益(2019-10-02 06:00)

Posted by 平井会計事務所 at 07:43 │つれづれ