2014年12月26日

目標を具体的に立てる

目標を具体的に立てると

課題が明確になって実現に一歩近づく、

という効果が期待できます。

例えば、客先別・月別の売上目標を立てることで

訪問スケジュールや商品開発の見直しが

必要なことに気づいたりします。



一方で、目標を具体的に立てたことで

実現の可能性が極めて低いことが分かり

経営方針を軌道修正する、ということもあります。

例えば、今の経費を維持することから逆算して

売上目標を立てたもののまったく目標に届かず

経費削減が必要なことがようやく分かったりします。



いずれにせよ、経営に問題が発生してると感じたら

目標を具体的に立てることをお勧めします。

個人事業者や12月決算の会社は

年末に考えてみてもよいかもしれませんね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
経済
経済(2019-06-25 05:07)

チケット
チケット(2019-06-21 05:46)

サキヨミ力
サキヨミ力(2019-06-18 05:59)

適応型経営
適応型経営(2019-06-17 05:52)

売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

Posted by 平井会計事務所 at 06:59 │つれづれ