2015年06月19日

マイナンバー

先日マイナンバー関連のセミナーに

参加してきました。

制度のスタートは来年1月ですが、

マイナンバーの通知は今年10月ということもあって

世間の関心度も高まっているようです。


マイナンバーとは簡単に言うと

国民ひとりひとりに番号を割り振って

収入の金額、社会保障の利用状況、保有財産等の個人情報を

行政が一元管理するための制度です。

番号を割り振る作業だけは国側がやってくれますが、

番号毎の個人情報を行政に報告するのは民間側の仕事になります。


例えば収入の金額であれば、会社の労務担当者は来年以降、

従業員全員(とその家族)のマイナンバーと源泉徴収票の情報を

紐つけて管理し行政に報告しないといけません。

社会保障の利用状況なら医療機関が、

保有財産なら金融機関が

同じような作業を行うことになるようです。

こうして個々の情報を一つの番号に集約させることで

個人情報は行政側からガラス張りになります。

不正な課税逃れや今後の課税強化に大いに利用される、

と個人的に勘ぐっています。


ちなみに、

行政側のメリットが大きいマイナンバー制度ですが、

情報の登録作業や情報管理に必要な設備費の補助は1円も支給されません。

しかも情報が漏洩した場合は罰則もあります。


なかなかハードルの高い制度ですが、

中身をよく知らない人がまだまだたくさんいます。

混乱や犯罪につながらないように、

とりあえず周知を徹底してほしいですね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
テナント
テナント(2019-12-16 06:18)

自動
自動(2019-12-12 06:15)

定額料金制
定額料金制(2019-12-10 06:28)

IT導入
IT導入(2019-12-06 06:15)

スケジュール
スケジュール(2019-12-05 05:55)

人手不足
人手不足(2019-12-03 05:34)

Posted by 平井会計事務所 at 08:19 │つれづれ