2015年08月04日

まわりくどい

喫茶店で仕事をしていたら

2,30代の男性グループ3人が

隣の席に座りました。


大きな声で話す内容から察するに、

若い男性が会計に関する試験を受ける予定で、

1人の男性は勉強を教える先生、

もう1人の男性は共通の知人で仲介者、

という関係のようでした。


若い男性は算数が苦手のようで

先生は「%(パーセント)」の説明をしていました。

ところが

「1ドルは何セントか知ってる?」とか、

「センチュリーはどういう意味?」と、

まわりくどい質問から入ったせいで

若い男性も答えに戸惑っているようでした。


おそらく先生は

「1セント=1/100ドル」

「センチュリー=世紀=百年紀」

と教えることで「セント=100」を印象づけ

「パーセント=百分率」を教えたかったようですが、

試みはあえなく失敗に終わっていました。



若い男性がパーセントを理解するには

まだまだ時間がかかりそうな雰囲気です。

やっぱり

良い指導者に出会えるかどうかは

とても大切なことですね。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
厳戒態勢
厳戒態勢(2019-10-21 05:36)

流通
流通(2019-10-17 05:18)

盛者必衰
盛者必衰(2019-10-11 06:53)

基本四色
基本四色(2019-10-08 06:45)

ゴール
ゴール(2019-10-04 04:21)

アクシデント
アクシデント(2019-10-03 05:25)

Posted by 平井会計事務所 at 07:05 │つれづれ