2016年02月26日

見積りが命

売上は伸びているのに利益が出ない会社は

"商売"でなく"タダ働き"や"ボランティア"に

なっていることがしばしば。

値段の決め方を見直す必要があります。


モノをつくったりサービスを提供するのに

直接かかる経費を、商品や案件別に

積算するのは当たり前。

できればさらに

従事する時間や人数も

予め見積もってから値段を決めます。

こうすることで

"タダ働き"や"ボランティア"の

リスクを回避することができます。


「値段を上げたら、売上が減るじゃないか」と

不安に思う社長もいらっしゃいますが、

赤字の仕事をするくらいなら

なにもしない方がマシ。

低収益体質を改善したければ

勇気を持って適正価格を提示しましょう。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
適応型経営
適応型経営(2019-06-17 05:52)

売上伝票
売上伝票(2019-06-14 05:14)

整理整頓
整理整頓(2019-06-13 04:53)

納期の特例
納期の特例(2019-06-07 05:12)

Posted by 平井会計事務所 at 06:26 │つれづれ