2016年08月31日

倒産防止共済

中小企業の節税の味方といえば

「倒産防止共済」。


「倒産防止共済」とは

取引先が倒産したさいに

最大8,000万円を

無利子で貸してくれる、

という保険制度のこと。

経済産業省所管の

「中小企業基盤整備機構」

という独立行政法人が運営しています。


保険としてはあまりメリットのない制度ですが、

「掛金が全額損金算入」かつ

「解約返戻率100%(40月以上加入)」

という税制上のメリットがあります。

これは簡単にいうと

「お金を預けるだけで経費になる。しかもリスクはほぼゼロ」

ということ。

こんな制度は民間の保険会社にはありません。


「月掛金は最大20万円」

「掛金総額は800万円」と

限度額が小さいのが欠点ですが

中小企業が最初に節税するなら充分な金額。

まだ未加入の会社はぜひ検討してみましょう。

http://www.smrj.go.jp/tkyosai/index.html


同じカテゴリー(会計・税金)の記事
有価証券売却損益
有価証券売却損益(2019-10-16 04:33)

消費税改正
消費税改正(2019-10-07 06:07)

リニューアル
リニューアル(2019-09-26 05:15)

Posted by 平井会計事務所 at 06:47 │会計・税金