2017年08月15日

年末調整

2020年をめどに

年末調整の電子化が

検討されているようです。


報道によると、主な変更点は

1.銀行や保険会社が個人宛に発送している

 各種書類を電子化して通知する

2.個人が会社に提出している各種書類を
  
 インターネット上(マイナポータル)で確認できるようにする

3.会社で保管(調査のさい税務署に提示)していた
 
 各種書類を、電子化して保存する

とのこと。


あくまで、書類の回収や保管の

手間が軽減されるだけで

最も大変な「年末調整の計算作業」から

企業が解放されるわけではないようです。

(金融機関は歓迎かもしれませんが)


むしろ「マイナポータルへのアクセス」や

「電子化のためのシステム導入」といった

新たな手間やコストが発生するような気もします。



「社会保険の負担が重い」

「消費税の税額控除がない」ことに加えて

「年末調整が大変になる」ことで

中小企業にとってますます

雇用のハードルがあがるかも

しれませんね。


同じカテゴリー(会計・税金)の記事
統一価格
統一価格(2019-09-11 05:31)

eL-tax
eL-tax(2019-09-02 05:51)

軽減税率
軽減税率(2019-08-27 05:52)

生命保険の取扱い
生命保険の取扱い(2019-08-19 05:35)

Posted by 平井会計事務所 at 06:32 │会計・税金