2018年01月09日

節税と高級車

節税で高級車を買うなら

「中古がおすすめ」という話を

よくききます。


実際、同じ1,000万円の車両でも

新車と中古(3年落ち)では初年度の

償却費(経費にできる金額)は

以下のように異なります。

-----------------------------
新車…333万円

中古…667万円
-----------------------------

確かに初年度の償却費は

倍以上の開きがあります。

しかし2年目以降は

おおむね次のようになります。

-----------------------------
新車…333万円(初年度)
   222万円(2年目)
   148万円(3年目)
    99万円(4年目)
    99万円(5年目)
    99万円(6年目)

中古…667万円(初年度)
   222万円(2年目)
   111万円(3年目)
-----------------------------

最終的に経費となる額は同じ(1,000万円)

なのでトータルで考えれば

有利不利はとくにありません。


中古車購入による節税効果は

一時的なものなので、

その後の年度も黒字だと

また税金に悩むことになります。

(こうした節税は課税の繰り延べといいます)


高級車を購入するなら、

節税よりもむしろ、買い替え時の

「値下がり率が小さい」ことを重視した方が

よいかもしれませんね。

同じカテゴリー(会計・税金)の記事
損益分岐点
損益分岐点(2018-05-30 05:53)

電子申告
電子申告(2018-05-28 06:07)

個人か法人か
個人か法人か(2018-05-23 06:24)

節税とリスク
節税とリスク(2018-05-18 04:35)

利益とお金
利益とお金(2018-05-11 05:34)

Posted by 平井会計事務所 at 07:17 │会計・税金