2018年01月18日

住宅ローン控除と単身赴任

住宅ローン控除を受けるためには

家屋の所有者が年末時点で

その住宅に住んでいることが

要件の1つになっています。

そのため年の途中で引っ越すと

その年は住宅ローン控除が受けられません。


ただ所有者本人が住んでいない場合でも

その家族が住んでいるとき(単身赴任等)は

例外的に住宅ローン控除を受けられる

ケースがあります。

↓参照
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1234.htm



なお、海外単身赴任の方は

平成28年4月1日以降に

住宅を購入した場合のみ

この特例が受けられます。

購入時期で取り扱いが異なるので

ご注意ください。

同じカテゴリー(会計・税金)の記事
退職と住民税
退職と住民税(2018-02-22 05:45)

過去の確定申告
過去の確定申告(2018-02-20 04:55)

障害者控除
障害者控除(2018-02-08 05:19)

還付申告のリスク
還付申告のリスク(2018-02-06 05:22)

Posted by 平井会計事務所 at 06:24 │会計・税金