2018年01月25日

原価・経費の分類

決算書の原価や経費は

次のような分類ができます。


(1)固定・変動・臨時

売上の増減にかかわらず

同額発生するものは「固定」経費です。

正社員の人件費や家賃等があります。

売上の増減に応じて

金額が増減するものは「変動」経費です。

売上原価やマージン手数料等があります。

上記とは別にイレギュラーに

発生するものは「臨時」経費です。

パソコン等の購入費や車検費用等があります。

原価や経費を「固定」「変動」「臨時」に

分けることで翌期業績のシミュレーションを

行うことができます。


(2)資金流出のあり・なし

一般的な原価や経費や資金流出をともないますが

償却費や引当金等、資金流出がないものもあります。

原価や経費を、資金流出のあり・なしに

分けることで翌期資金繰りのシミュレーションを

行うことができます。



決算書をみてもよく分からない、

という方は、上記を意識すると

よいかもしれませんね。

同じカテゴリー(会計・税金)の記事
青色申告
青色申告(2018-10-22 05:03)

消費税増税
消費税増税(2018-10-16 06:47)

高額払戻金
高額払戻金(2018-10-11 06:56)

軽減税率
軽減税率(2018-10-04 05:43)

Posted by 平井会計事務所 at 05:23 │会計・税金