2018年02月06日

還付申告のリスク

上場株式の配当等から

源泉徴収されている所得税等は

確定申告することで

還付されることがあります。

ただ還付申告することで

デメリットが生じるケースも。


ひとつは専業主婦など

誰かの扶養親族になっている方。

申告する配当等の額が

38万円を超えていると

税務上の扶養から外れることになります。

(確定申告しなければ扶養はそのまま)

奥様の税還付よりご主人の追徴が多くなる、

というケースもあり得ます。



デメリットが生じる

もうひとつのケースは

高齢者等の国民健康保険に加入している方。

確定申告をした配当等の所得は原則、

保険料を算定する所得に含まれてしまいます。

(確定申告しなければ含まれない)

所得税の還付より保険料の増加が多くなる、

というケースもあり得ます。

ただ自治体によっては、所得税とは別に

住民税の申告をすることで

保険料が増加しない手続きもあるようです。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/kokuho/kabuhaitou.html


気になる方はお住いの自治体に

確認してみましょう。


同じカテゴリー(会計・税金)の記事
電子申告
電子申告(2018-05-28 06:07)

個人か法人か
個人か法人か(2018-05-23 06:24)

節税とリスク
節税とリスク(2018-05-18 04:35)

利益とお金
利益とお金(2018-05-11 05:34)

Posted by 平井会計事務所 at 05:22 │会計・税金