2018年02月22日

退職と住民税

個人の住民税は

前年1月1日から12月31日の収入に基づいて

その年1月1日の住所地がある自治体に納めます。

https://www.city.minato.tokyo.jp/kazei/kurashi/zekin/gaiyo.html


一年遅れで納税するイメージなので

会社を辞めたさい等は注意が必要です。

例えば、平成29年の10月に退職して

港区から所沢市に引っ越したとします。



この場合、原則

平成29年11月から平成30年5月までに

給与から天引きする予定だった

平成29年度(平成28年の収入ベース)の

住民税を港区に、

退職した年の給与に対する

平成30年度(平成29年の収入ベース)の

住民税を所沢市に、

それぞれ納めることとなります。


あとで慌てないために

会社を辞める前は税金のことも

きちんと調べておきましょう。

同じカテゴリー(会計・税金)の記事
損益分岐点
損益分岐点(2018-05-30 05:53)

電子申告
電子申告(2018-05-28 06:07)

個人か法人か
個人か法人か(2018-05-23 06:24)

節税とリスク
節税とリスク(2018-05-18 04:35)

利益とお金
利益とお金(2018-05-11 05:34)

Posted by 平井会計事務所 at 05:45 │会計・税金