2018年08月09日

決のとり方

「どこに店舗をだすか」

「だれを店長にするか」

といった「選択の議論」をするときは

「賛成・反対」ではなく

「どの案に賛成か」

といった聞き方で決をとると

結論を出しやすくなります。


例えば

「Aさんを店長にするのはどうか」

という聞き方だと、反対が多かった場合

改めて「誰を店長にするのか」を

議論しなくてはならず

結論を出すのに時間がかかります。


一方で「AさんとBさんどちらを店長にするか」

という聞き方でれば、どちらにせよ

店長が決まります。


「なかなか結論が出ない」

「状況が進展しなくて困る」ときは

決のとり方を工夫してみましょう。

同じカテゴリー(つれづれ)の記事
税理士難民
税理士難民(2019-01-16 05:37)

サイレントキラー
サイレントキラー(2019-01-15 05:35)

黒字回復
黒字回復(2019-01-11 05:28)

海外法人
海外法人(2019-01-10 05:17)

確定申告
確定申告(2019-01-09 05:07)

10連休と給与
10連休と給与(2019-01-07 07:40)

Posted by 平井会計事務所 at 06:16 │つれづれ