2018年08月31日

亡くなった方の住民税

配当や株式売却益のある方が

年の途中で亡くなった場合、

源泉徴収された所得税は

遺族が「準確定申告」という

手続きをすることで

還付や精算ができます。


一方で、

源泉徴収された住民税は

還付や精算されずに

源泉徴収されたままとなります。


これはそもそも住民税が

「年間の所得に対して

翌年1月1日に課税される」という制度なので、

「亡くなった方は翌年納税義務がない」

「準確定申告の義務もない」

「還付や精算をする手段がない」

ためです。


ルールなので仕方ないですが

ちょっと損した気分になりますね。

同じカテゴリー(会計・税金)の記事
生前贈与
生前贈与(2018-11-15 06:22)

事業別資金繰り表
事業別資金繰り表(2018-11-12 04:47)

青色申告
青色申告(2018-10-22 05:03)

消費税増税
消費税増税(2018-10-16 06:47)

Posted by 平井会計事務所 at 06:31 │会計・税金