2018年12月07日

ヒト・モノ・カネ

経営数値を分析するときは

漫然と眺めるだけでは意味がありません。


例えば、売上が前年を下回った場合。

単に金額だけを比較するだけでは

「いくら減った」ということしか分かりません。

そのため対策案も「いくら増やそう」と

あやふやになってしまいます。


一方で商品別で比較すれば

「どの商品が減ったのか」といったことが分かります。

そのため対策案も「売上減少した商品をどうやって伸ばすか」と

具体的になります。


またさらに顧客別で比較すれば

「誰が買わなくなったのか」まで分かるので

「買わなくなった人にどうやってアプローチするか」と

いったことまで検討できます。



情報分析も「ヒト・モノ・カネ」が重要ですね。

同じカテゴリー(数値力)の記事
期待値
期待値(2018-10-05 06:48)

売上と預金
売上と預金(2018-08-01 05:33)

情報
情報(2018-07-31 06:24)

時間単位で考える
時間単位で考える(2018-06-14 05:48)

異常なし
異常なし(2017-07-21 03:54)

疲労感と疲労度
疲労感と疲労度(2016-07-25 07:32)

Posted by 平井会計事務所 at 05:44 │数値力