2018年12月17日

2019年度税制改正大綱

平成31年度の税制改正大綱が発表されました。

https://www.jimin.jp/news/policy/138664.html


主な改正点の概要をご紹介します。
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
1.所得税
◇住宅ローン控除拡充/2019年10月取得~(▼減税)※
 現行の期間10年から13年に延長
消費税率10%適用の契約に限る)

◇空き家3,000万円控除の延長と拡大/2019年4月譲渡~(▼減税)
被相続人が老人ホーム等に入所した場合も一定要件で適用可
----------------------------------------------------------
2.個人住民税
◇ひとり親非課税の対象拡大/2021年分~(▼減税) 
 寡婦(寡夫)の非課税措置を未婚ひとり親も対象に
----------------------------------------------------------
3.法人税
◇研究開発税制の拡充(▼減税)
 設立10年以内等のベンチャー企業の税額控除限度額を25%から40%に拡充

◇中小企業の軽減税率2年延長/~2021年3月開始事業年度(▼減税)
 中小法人等の所得年800万円以下の税率15%(原則19%)を延長

◇仮想通貨の時価評価/2019年4月以降終了事業年度~
 一定の仮想通貨は時価評価を導入。法定評価方法は移動平均法

◇医療機器等の特別償却(所得税も同様)※
 病院用CTやMRIの特別償却を2年延長
 医療機関の勤務時間短縮用設備(1個30万円以上)について15%特別償却
 一定の病院用建物等について8%特別償却
----------------------------------------------------------
4.相続税・贈与税
◇個人事業主の事業承継の納税猶予/2019年1月取得~(▼減税)
 相続等で個人事業を承継した場合、一定の要件で相続税等の納税を猶予

◇教育資金贈与の見直しと延長/2019年1月~
 教育資金の範囲を縮小(2019年7月~)等して2年延長
----------------------------------------------------------
5.消費税
◇密輸対策
 密輸した金地金等は仕入税額控除不適用 
----------------------------------------------------------
6.その他
◇自動関連税制※
 自動車税の引き下げ/2019年10月以後登録
 軽自動車税は据え置き
 自動車取得税の代わりとなる「環境性能割」の税率を1%軽減
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
なお※印の改正は消費税増税に対する軽減措置のようです。


ここ数年続いていた「高所得者への増税強化」もなく、

全体的に地味な印象を持ちました。

消費税率の引き上げを前にして

おとなしくしているのかもしれませんね。

同じカテゴリー(会計・税金)の記事
期限後申告
期限後申告(2019-03-13 06:05)

配偶者控除
配偶者控除(2019-03-05 05:28)

出生前遺伝学的検査
出生前遺伝学的検査(2019-03-04 05:59)

源泉徴収
源泉徴収(2019-02-27 05:23)

Posted by 平井会計事務所 at 08:12 │会計・税金