2019年05月13日

業績改善

「やるべきことでやってないことをやる」

「やってることでやるべきでないことをやめる」。

この2つは業績改善の基本ですが、

「やるべきこと」と「やるべきでないこと」を

選別するには数字に基づく判断材料が必要です。


例えば、

採算が低い商品をやめて、

採算が高い商品に資源を集中するためには、

売上や原価、経費等の経営数字を

商品別に集計したデータがないと

正しい判断ができません。


業績改善を目指す社長は

まず経営数字を分けることから

チャレンジしてみましょう。

同じカテゴリー(経営者)の記事
飛行機チケット代
飛行機チケット代(2019-09-13 05:16)

数字は意識を変える
数字は意識を変える(2019-09-05 05:23)

ピタスパ
ピタスパ(2019-08-01 05:22)

資金援助
資金援助(2019-07-24 05:57)

判断力と行動力
判断力と行動力(2019-05-22 05:08)

寝る子は育つ
寝る子は育つ(2019-05-14 05:18)

Posted by 平井会計事務所 at 05:45 │経営者